ペラサイトで上位表示されやすいキーワードの選び方

目安時間:約 5分

ペラサイトは上位表示できれば、紹介した商品が売れる確率がドドーンとアップしますよね!

 

「でも、どんなキーワードを選べば上位表示できるかわからない・・・」

 

って私もずっと思っていました。

 

しかし、ペラサイトのキーワード選びって超簡単だったんです(* ̄▽ ̄)フフフッ♪

 

この記事では、私がいつもやっているキーワード選びの方法をご紹介します。

 

キーワードはワンパターン

ペラサイトのキーワード

 

 

私がペラサイト作成で使うキーワードはワンパターン♪

 

  • 商品名+口コミ
  • 商品名+体験談
  • 商品名+レビュー
  • 商品名+販売店

 

だいたいこの中から選びます。

 

でも、扱う商品は『新商品』であることが前提です。

 

商品選びについてはこちらにまとめているので、合わせて参考にしてくださいね。

 

 

 

キーワードを選ぶときの決め手

では、この4つのキーワードの中からどれをメインにするかを決めるために、チェックをします。

 

方法は「allintitle:商品名+〇〇〇」でググってみること!

 

こうすると「商品名+〇〇〇」の言葉がすべてタイトルに使われている記事が、どれくらいあるかがわかります。

 

では実際に、A8ネットの新着案件から見つけた『アセスケア』という商品を例にしてやってみますね。

 

 

多汗で悩む男性向けのサプリメントですね。

 

面白そうな商品だ~^^

 

アセスケア+口コミ

 

「アセスケア」と「口コミ」がタイトルにすべて入っているのは24件でした。

 

アセスケア+販売店

 

「アセスケア」と「販売店」がすべてタイトルに入っているのは4件でした。

 

アセスケア+体験談

 

「アセスケア」と「体験談」がすべてタイトルに入っているのは1件だけでした。

 

アセスケア+レビュー

 

 

「アセスケア」と「レビュー」がすべてタイトルに入っているのは1件だけでした。

 

 

この結果、数字が少なければ少ないほど「ライバルが弱い」ということになるので、私だったら

 

  • アセスケア+体験談
  • アセスケア+レビュー

 

のどちらかを選びます。

 

ライバルが書いた記事を見てみる

どの結果もあまり変わらないな・・・というときは、上位に表示されているライバルが書いた記事を見てみましょう。

 

そのときに

 

  • 文字数が多い
  • 自分で実際に体験したことが書いてあったり、自分で撮った写真がある
  • 読んでいると思わず引き込まれる

 

こういう記事は「強いライバルだ」と判断できるので、同じキーワードを選ぶよりも、違うキーワードにした方がベストです^^

 

まとめ

ペラサイトを作るときのキーワードは

 

  • 「商品名(新商品)+〇〇〇」というパターンで
  • 「allintitle:」を頭につけて検索した時に表示される件数が少ないもので
  • ライバルの書いた記事が弱そうなもの

 

を選べば上位表示される確率がググーンと上がります!

 

 

キーワードのずらしとか、穴場とか、お宝キーワードとか必死に探す必要はありません。

 

ね、簡単でしょ(^_-)-☆

 

ぜひやってみてくださいね!

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
プロフィール

中村聖子

ど田舎で3人育児中のアラフォーシングルマザーです。

子育てや家事に追われながらも、アドセンス外注化などで収入を得て、ネットだけで生き延びてます。

詳しいプロフィールはこちら

サイト内検索
サイトアフィリの教科書

エッセンシャルアフィリエイト

サイト売却の教科書

長谷川式サイト売却マスターコンテンツ

アドセンス外注化の教科書

FAAPレビュー

アダルトアフィリの教科書

点穴レビュー

最近の投稿
カテゴリー
ブログランキング
Twitter
LINE

友だち追加

Facebook
アーカイブ
 
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。